UQモバイルで、スマホを購入する

2018年3月4日

UQモバイルでは、auで販売していた日本メーカーモデルと、独自に発売している日本・海外メーカーモデルがあります。

UQモバイルのSIMロックがかかって販売されている機種と、SIMフリー端末と混在しています。SIMフリー端末は、SIMを差し替えて使用することも可能です。

王子
王子
機種選びって迷っちゃうよね
ジンボ
ジンボ
そうだね、どうやって選んだら良いか迷ってしまうよね。基本的には、デザイン、CPU性能、メモリを基準に選んだら良いと思うよ
王子
王子
CPUってなに?
ジンボ
ジンボ
CPUは、人間で言うと脳みそだね。処理の速さに関係してくるよ。数字が大きいほど速いという認識で良いよ
王子
王子
メモリは、どれくらいあればいいの?
ジンボ
ジンボ
基本的にメモリ(RAM)は2GBあれば問題ないよ。3GB以上の機種は、より快適に使えると思っていいよ!
王子
王子
その基準で選んでみるよ!

iPhoneか?Androidか?

UQモバイルでは、大手携帯会社と比べるとiPhoneの取扱いは旧機種を取扱いしています。現在取扱しているiPhone6sとiPhoneSEはメモリが2GBあるため、比較的サクサク動く機種です。現時点ではそれほどストレスを感じないと思います。

Androidに関してはハードウェアとOSの製造メーカーが異なるため、メモリは3GB以上であればストレレスなく利用できる認識で良いでしょう。

UQモバイルで扱うAndroidは、大手携帯電話会社でも取り扱う現行機種のUQ版になりますので、最新機種と判断して問題ありません。一括払いでも問題ない価格帯が多いのも特徴です。

Androidを買うなら、代理店で買うとお得

このサイトでは、基本的にUQモバイルの公式サイトをおすすめしています。

しかし、Android端末を購入する場合は、【UQモバイル】代理店のリンクライフで購入するとお得に始められます。


何がお得って、送料・SIMパッケージ代・代引き手数料無料キャンペーンを行っていたり、最大13,000円のキャッシュバックを実施しています。

現在、WEB申込みが出来るUQモバイルの代理店の中では、リンクライフ一択のような気がします。

iPhoneの購入は、UQモバイル公式サイトからの購入で良いでしょう。

注意点

緊急地震速報/津波速報/災害・避難情報

UQモバイルで購入できる端末は緊急地震速報に対応していますが、津波速報と災害・避難情報に対応していない機種があります。日本メーカー製品であっても購入時に確認が必要です。

IIJさんのてくろぐで書かれていますが、今後、Android8.1であれば、緊急地震速報が受け取れるようになります。

※災害・避難情報とは、政府による国民保護に関する情報(Jアラート)、国土交通省による洪水情報、国や地方公共団体が配信する情報の事を指します。

津波速報/災害・避難情報非対応端末の場合は、Yahoo!がサービスを提供している防災速報をインストールして利用すると良いでしょう。

王子
王子
代わりのサービスがあるなら安心だね!
ジンボ
ジンボ
電波状態が悪い時は、緊急速報が受信できない時があるので注意してね

まとめ

iPhoneは2年ほど前の旧機種を取扱い、Androidは比較的最新機種が投入されています。iPhoneの購入であれば、UQモバイル公式サイトからの購入一択です。

Androidであればやはり、【UQモバイル】代理店のリンクライフからの購入がお得です!

とにかく、今まで7,8千円のラニングコストから4,5千円に値下げできますので、はやく乗り換えた分だけ月額がお得になるのは間違いありません。

UQモバイルの故障対応と端末補償サービスを読む