UQモバイルの節約モードって、やっぱりいいよねと実感した話

スマホでネット使いすぎ?

僕は今、UQモバイルと大手携帯会社のスマホを併用しています。

ジンボ
ジンボ
同じ使い方で一ヶ月比較したらどんな違いがあるのだろう?

突然疑問に思い、2ヶ月間にわたって実験をしてみました(笑)

ちょっと面白い結果になったので、共有していきたいと思います。

結論から言うと、

\節約モード最高/

どうしてそう思ったのか?

経緯と理由をお伝えしていきます。

普段の使い方は?

僕の普段のスマートフォンの使い方はこんな感じです。

  • 自宅では常にWiFiに接続
  • RSSリーダーを使用してニュースや他の人のブログをよく見る
  • Youtubeでプロ野球のダイジェストを見る
  • radikoやSpotifyで音楽をよく聴きながら移動する
  • FacebookやTwitterなどは少々
  • ブログを書くのに外でテザリングをたまに使う

それほどヘビーな使い方をしている訳ではないのですが、大きく差が出ました。

方法としては、普段使いの端末にSIMを入替えて使い比べをしました。

大手携帯会社

大手携帯会社データ残量

大手携帯会社のSIMだと、僕の使い方だと5GBギリギリでした。

先月は4.5GBでフィニッシュ。

やはり、常に高速データ通信を行っているので消費が早いのでしょうか。。。

UQモバイル

UQモバイルでは、仕事中などで使わない時間や文字中心の時は節約モードで通信を行い、動画を見たい時などは高速モードに切り替えて使用しました。

UQモバイル節約モード

UQmobileポータルアプリで確認してみたところ、ストリーミングでSpotifyなどかなり使っていましたが、1.8GBしか使っていませんでした。

都度、高速モードと節約モードを切り替える手間はありますが、かなり節約できている事がわかります。

もしかしたら、仕事が忙しくてテザリングをあまり使わなかっただけかも知れませんが…

まとめ

時期によって使い方にムラはありますが、意識せずに使用していてこれだけ違うと、UQモバイルはいいなぁ~と改めて感じます。

大手携帯会社はスピードが制限されてしまうと、128kbpsと使い物にならない速度に制限されてしまいます。

一ヶ月通して快適に使えるように、ユーザーがスピードを能動的に切り替えられるというのは、とても良い機能だと思いました。

いずれにしても、賢く便利に使っていきたいものですね。

【関連記事】UQモバイルの節約モードとSpotifyとの組み合わせが最高な件

【関連記事】UQ mobile(ユーキューモバイル)の基礎知識まとめ